地元工務店で作った夢のマイホーム計画

地元工務店で作ったマイホームの入居後の経過を書いていきます
地元工務店で作った夢のマイホーム計画 TOP  >  引越し準備 >  住所変更と郵便転送

住所変更と郵便転送

先週土曜日、銀行で質権設定とかの登録ををしました。

この登録なんですが、住民票や印鑑証明が必要になります。
住民票が今住んでいる住所のもので登記や設定をした場合、
新居に引っ越したら、また住所変更の手続きをしなくちゃいけません。
その手続きにまた手数料が発生するので、まぁ大変!

そこで先に住民票の住所変更を済ませ、新しい住所で登録することにしました。
これで余計な手間や手数料が発生しません。

ただし住民票の住所変更は、新居に住んでからでなくてはいけません。
つまり、引渡し前には住所変更不可ということになります。
住んでもいないのに住所変更を行うと、虚偽申請となり罰則を受けることになります。

そこで、先週引っ越しました!
まだ今の住まいを引き払ってないので、新居に住まずにいます。
ということにしました!

気分は引越し済みですw

ぶっちゃけよくある手法だそうです。
googleなどで「住所変更 引越し前」と検索すると、
ここに書いてあるのより詳しいものが見れると思いますよ。

で、ここからが問題。
新居に住所変更した結果、郵便物がすべてそちらに配達されます。
当然そこには誰もいませんので、引渡しのときまで放置されます。

そこでやるのが、郵便物の転居・転送サービス
これは郵便局に申請することで、郵便物を転送してくれるサービスです。

しかも郵便局に行かなくても、HP上で転送手続きができます。
それがe転居

うちは前述のめんどくさい事情があるので、窓口に相談へ。
担当者もよくある事例のようで、詳しく説明してくださいました。

方法として、以下のとおり。(今の住まいを旧住所、新居を新住所とします)
①…新住所から旧住所への転送手続きを行う。
  転送開始日は今日から。
②…旧住所から新住所への転送手続きを行う。
  転送開始日を引越し日にする。
③…①の申請は②の申請の開始と同時に無効にする。

新住所と旧住所で郵便局の支店が違うので、
担当者からそちらに連絡を入れてもらうことになりました。
やっぱり現地で相談しながらやると安心できます。

たった2週間とはいえ、何があるか分からない以上、
やれることはやっておかなきゃいけないですね。
スポンサーサイト
[ 2013/07/21 21:58 ] 引越し準備 | TB(0) | CM(2)
こんばんは(^^)

ほんとに、もういよいよ!って感じなんですね☆
住所変更とかの手続きって、そもそもめんどくさいのに、家づくりが絡むと更にややこしいですね^^;
ポンは建て替えの為、そのような手続きはしなくて済みますが、これは色んな方の参考になるでしょうね(^^)

(^O^)/
[ 2013/07/23 00:34 ] [ 編集 ]
>ポンさん
各種手続きが面倒ですよ・・・
でも一個手続きが終われば、新居が一歩近づく感じです。

こんな記事でも参考になればありがたいです~
[ 2013/07/23 19:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さみぞー

Author:さみぞー

丸木屋工務店で
マイホーム完成
H25/8/4 入居済み

H25/10/27 太陽光設置
南西向き4寸屋根 HIT 5.28kW

登録ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 新築入居後の暮らしへ
にほんブログ村 環境ブログ 太陽光発電(パナソニック・サンヨー)へ
ぜひワンクリックお願いします
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR