地元工務店で作った夢のマイホーム計画

地元工務店で作ったマイホームの入居後の経過を書いていきます
地元工務店で作った夢のマイホーム計画 TOP  >  土地 >  下水道と浄化槽の違い

下水道と浄化槽の違い

トイレやキッチンなどででる生活排水の処理の方法には、下水道処理と浄化槽処理の2種類があります。

下水道処理とは、家から浄水施設までつながっている排水管に生活排水を流す方法です。
文字通り、上水道の逆バージョンと考えてください。

浄化槽処理とは、自分の敷地に合併浄化槽を埋め込み生活排水を処理する方法です。
合併浄化槽・・・バクテリアによって生活排水を川に流してもよいレベルまで浄化する設備
浄化槽の大きさや施工する工務店によって金額が変わってきます。
丸木屋工務店の場合、家族5人用浄化槽で約80万といわれました。

両者を比べた場合、下水道処理のほうがいいと思います。

それぞれ下記のランニングコストがかかります。
・浄化槽処理は年に数回の洗浄や、換気のためのポンプを動かす電気代。
 インターネットで調べたところ、年間平均3万円程度。
・下水道処理の場合は下水道使用料金。
 料金は住んでいるの市のHPから調べることができます。

地域によっては浄化槽のメンテナンス費用を全額免除の場合があるのでしっかりチェックしましょう。
自分の場合は免除がないので下水道のほうが安かったです。

浄化槽のメンテナンスを怠ると、夏場に悪臭がすることもあります。
場合によっては近隣住民から訴えられることがあります。

下水道なら基本的にほったらかしで大丈夫です。

しかし自分が思う下水道処理のメリットは、土地を有効活用できることだと思います。
浄化槽を埋め込むと、そこはマンホールが設置されます。
駐車場にするためには土地の補強工事が必要になり数十万円ほど費用がかかります。

狭い土地に無駄なスペースができるのは、ちょっと大変ですよね。

下水道がない場合は、新規に引き込み工事をします。
ただ上水道とは違い、下水道使用可能な地域である必要があります。
これは近くに下水管がきていなかったり、浄化施設の処理能力が限界だったりするためです。

やむなく浄化槽になるのならしょうがないですが、
土地を探すのであれば、下水道が入っているところを探すのがいいでしょう。
スポンサーサイト
[ 2013/01/08 22:39 ] 土地 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さみぞー

Author:さみぞー

丸木屋工務店で
マイホーム完成
H25/8/4 入居済み

H25/10/27 太陽光設置
南西向き4寸屋根 HIT 5.28kW

登録ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 新築入居後の暮らしへ
にほんブログ村 環境ブログ 太陽光発電(パナソニック・サンヨー)へ
ぜひワンクリックお願いします
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR