地元工務店で作った夢のマイホーム計画

地元工務店で作ったマイホームの入居後の経過を書いていきます
地元工務店で作った夢のマイホーム計画 TOP  >  建物 >  建物検討②

建物検討②

建物の工法には、木造・鉄骨・コンクリート造の3種類があります。
工法によって金額が変わり、間取りの制限があったりしますが、
よほどこだわりがない限り、工法によって工務店を選ぶ必要はないかと。

というか、たいていの地元工務店は木造建築ですので、
ここからは木造という前提で検討。

木造の構造には、
・木の柱を組んで形を作っていく木造軸組み工法(従来工法)
・構造材や断熱材などをパネルにしたものを組み立てていく枠組壁工法(2x4・2x6工法)
の2種類があります。
従来工法と2x4工法を組み合わせたハイブリッド工法というのもありますが、割愛。

従来工法は昔ながらの建て方で、たいていの工務店には実績や経験があります。
柱と柱の間に断熱材を埋めることで家の気密・断熱を確保するため、
工務店の技量によって気密性能にばらつきができます。

2x4・2x6工法は、2インチx4(6)インチの構造材を合板と石膏ボードでパネルにした頑丈な壁を作り、
これを四方+床+2階床の6面体の箱状に組み立てるものです。
パネルを工場で製作し、現場では組み合わせるだけなので技量によるばらつきはありません。
また構造の隙間を少なくでき、高気密な家を建てやすくなります。

高気密・高断熱の家を建てるのであれば、2x4工法がベターだと思います。
スポンサーサイト
[ 2012/12/10 22:21 ] 建物 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

さみぞー

Author:さみぞー

丸木屋工務店で
マイホーム完成
H25/8/4 入居済み

H25/10/27 太陽光設置
南西向き4寸屋根 HIT 5.28kW

登録ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 新築入居後の暮らしへ
にほんブログ村 環境ブログ 太陽光発電(パナソニック・サンヨー)へ
ぜひワンクリックお願いします
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR